スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
オキゴンドウ
御蔵へ来て8年、わたくし初めて!オキゴンドウに遭遇しました。

毎年数回は目撃例があるのですが、今まで一度もその現場に居合わせたことがなく・・・
今日、念願叶ってやっと出会うことができました。

桟橋沖から、西へ向かうオキゴンドウとタイセイヨウバンドウイルカの混群で、
かなり広範囲に広がった、おそらく100頭を超える群れでした。
もしかしたらあと1種くらいは、他の鯨類が混ざっていたかもしれません。

今回は、偶然、某大学の鯨類研究者S氏も乗船されていたので
私とS氏2人だけ、船長に許可をもらい水中での観察を試みました。

入水すると、オキゴンドウたちの発するたくさんのホイッスル音に包まれました。
御蔵のイルカのホイッスルとは全く違う、高い金属音のような、とてもキレイな音です。
少し濁りがあったので、群れ全体は見えませんでしたが、音を聞く限り、
数十頭のオキゴンドウが周りにいるようでした。


IMG_4702.jpg

IMG_4714.jpg

IMG_4713.jpg
私とS氏の周りをぐるぐる回っていた若いオキゴンドウ
背びれの欠けから、写真一枚目の一番手前の個体及び二枚目の個体と同じであることがわかりました。
一度泳ぎ去ったのに、またわざわざ戻ってくるということは、よほど船や人に興味があったのだと思われます。

IMG_4722.jpg
今回見た中で最も大きかった個体。約7mあるうちの船とほぼ同じ体長でした。
船の真下に入り、しばらくじーっとしていました。魚群探知機の出す音に興味があったようです。

IMG_4738.jpg


どのくらい泳いでいたのか、時間の感覚を失うくらい素晴らしい体験でした。


レンズが10mmなので、あまり近くないように見えますが、
実際はほんの数mのところまで近づいて来たので、正直怖かったです。
いやーでも、生きててよかった!

(※オキゴンドウは場合によっては危険な種であるため、御蔵の船頭さんは入水を許可することはほとんどないと思います。船長の指示を無視して海へ入ることは大変危険なので、絶対やめてください。)
スポンサーサイト
08/07 22:59 | 写真 | CM:5
template design by takamu
Copyright © 2006 Aduncus All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。