FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2016/5/26


先日の御蔵島で撮影した写真から。

1枚目が元画像、2枚目が等倍切り出しです。
生後数日間しか存在しない赤ちゃんイルカの「感覚毛」がはっきり写っていました。
この時は私から親子まで少し距離があったのに加えて魚眼レンズだったので、まさかこんなにはっきり撮れるとは思っていませんでした。

今年から水中で使っているα7RⅡは4240万画素あって、ここまでの高画素って必要かな?と思った事もありましたが、これを見たとき買ってよかった!と確信しました。

生き物に優しい撮影ができるか否かは最終的にはカメラマンの行動次第だけど、こんな風に生き物に近づきすぎなくても撮れる高画素や、強い光を当てなくても撮れる高感度など、生き物に優しい”ハイスペック”はどんどん使っていきたいですね。
スポンサーサイト
05/26 19:00 | 未分類 | CM:0 | TB:0
2016/5/25

キヤノン5DmarkⅢ用の水中ハウジングお探しの方いませんか〜

去年まで利島や御蔵島でイルカを撮りまくっていたハウジング、ドームポートとグリップ、ギア一式です。
ドームポートの真ん中に晴天逆光の時のみ映り込む傷があるのと、ハウジング内側の動画スタートボタンが脱落している以外は水没したこともなく正常です。(動画スタートはシャッターボタンに設定できるので現状でも動画撮影可能です)

あとはカメラ本体とレンズ(EF17-40mmF4、EF8-15F4、EF16-35F4など)があればすぐ撮影可能です。

ドームポートはアテナ工央のOPD-F170V、ハウジングとそれ以外のギアはすべてジリオン製です。

まとめて欲しい!または興味ありという方はメッセージでご連絡ください。なるべくまとめて引き取ってくださる方を優先にしたいと思います。
05/25 19:00 | 未分類 | CM:0 | TB:0
2016/5/20

今日東京へ戻る予定でしたが、北東風の時化で橘丸は全便欠航。
延泊決定となりました。明日の昼は凪そうなので帰れるかな?

写真は昨日の午後。親子連れがよく遊んでくれました。
05/20 19:00 | 未分類 | CM:0 | TB:0
2016/5/18

【お知らせ】
この度、写真家の水口博也さんにお声がけいただき
電子書籍の写真集を刊行させていただくことになりました。
販売開始は6月上旬〜中旬の予定です。

私の「Dolphin Eyes」の他にも、水口博也さんによる「Pink Dolphin アマゾンカワイルカ」、南俊夫さんによる「小笠原諸島」、中島賢友さんによる「日本の川を撮る」なども同時に販売されます。
http://blog.livedoor.jp/hminakuchi/archives/52138039.html

詳細はまた後日こちらでお知らせいたします。


-----


【お知らせ】
この度、写真家の水口博也さんにお声がけいただき
電子書籍の写真集を刊行させていただくことになりました。
販売開始は6月上旬〜中旬の予定です。

私の「Dolphin Eyes」の他にも、水口博也さんによる「Pink Dolphin アマゾンカワイルカ」、南俊夫さんによる「小笠原諸島」、中島賢友さんによる「日本の川を撮る」なども同時に販売されます。
http://blog.livedoor.jp/hminakuchi/archives/52138039.html

詳細はまた後日こちらでお知らせいたします。
05/18 19:00 | 未分類 | CM:0 | TB:0
2016/5/16


久々の投稿!
今日から御蔵島へ来ています。実は今年2回目。(前回も今回も撮影の仕事です)

午前は島の西側で50頭を超えていそうな大群に会うことができました。透明度も前回よりかなり改善、太陽光もばっちりなのでいい撮影ができました。
赤ちゃんイルカもいっぱい!今年は立て続けに生まれたようで、あっちにもこっちにも赤ちゃんイルカがいてどの子を撮るか迷っちゃうくらいでした。

午後は動画の撮影してきまーす。


-----


午後は順調に動画撮影を行っていたんですが、
次のイルカを探すべく船を走らせていたところ水面に浮かぶ白い風船のようなものが。
接近してみると死後数日経ち真っ白になったアカボウクジラの死骸でした。
そして周囲にはクジラに興味を示し興奮ぎみのイルカたちがたくさん!
クジラの死骸の周りには大型のサメがいてもおかしくないので通常なら泳がないのですが、イルカがたくさん群がっていたのでサメはいないだろうと予想し水中へ入ってみました。
イルカたちは何度もクジラに接近してはクリックスを発しぐるぐると泳ぎ回っていました。

写真は御蔵のイルカとクジラの死骸です。
どうやらこのアカボウクジラは13日に死んだ直後の状態で御蔵の沿岸を漂っていたのと同じクジラのようです。
05/16 19:00 | 未分類 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Aduncus All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。