スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
黒潮が戻ってきました!
最近、Twitterで写真をアップしてばっかりで、
ブログ更新がおろそかになってしまってます…m(_ _)m


前回の記事で黒潮が離れた、と書きましたが、
6月21日頃から、御蔵島が黒潮本流のなかに入りました!ばんざーい

水温は25度前後、現在は台風5号のうねりの影響で濁ってしまっていますが、
数日もすればすっきり綺麗な黒潮の海に戻ると思います。
台風のうねりが入る前は、透明度は25m以上ありました♪

IMG_4922.jpg
ハイジと今年最初に産まれた赤ちゃんイルカ。
ハイジは初産なうえに赤ちゃんがかなりやせ細っていたので心配していましたが、
順調に大きくなっています。

IMG_5540.jpg
手前にいるのがハイジの母親の「ハイちゃん」です。
ということは、1枚目の写真の赤ちゃんイルカはハイちゃんの孫、ということになります。
奥にいるのは「スマイル」という若いメスで、もしかしたら今年初産を迎えるかも?しれません。

IMG_5368.jpg
相変わらず、人間との距離が近すぎるほっぺちゃん。
御蔵には「イルカに触らない」というルールがありますが、
うっかりぶつかった、も言い訳になりませんので、うまく避けてくださいね~。
本当にイルカと泳ぐのが上手なスイマーは決してイルカにぶつかったりしません。

IMG_5553.jpg
強い南西の風と、速い潮の流れが作り出す大きなうねりに乗るイルカたち。
イルカたちはサーフィンの名手!


それともうひとつ、悲しい報告が。
6/17日、「まえかけ」の娘である「コシャクレ」が赤ちゃんを連れている!というガイド仲間から連絡がありました。
6/16日には連れていなかったのが確認できていたので、その赤ちゃんは生後1日!
そして6/18日の午前中、会えるのを楽しみに海へ出かけたのですが、
残念ながらコシャクレは前回産んだ仔イルカだけを連れており、赤ちゃんの姿はどこにもありませんでした。
そして写真のように、体には原因不明の真新しい傷あとが…
IMG_4359.jpg

生後間もない赤ちゃんイルカが母親無しで生きていくことは不可能ですので、死んでしまったと考えられます。

赤ちゃんがなぜ死んでしまったのか、
コシャクレの傷あとと、赤ちゃんが死んでしまったことに何か関係があるのか、
それらは全くわかりません。

赤ちゃんイルカが死んでしまう理由には、溺死、病気、サメなどの外敵、オスイルカによる攻撃、などなど
いろんなことが考えられますが、今となっては特定するのは不可能です。

ということで、現在生き残っている赤ちゃんイルカは2頭。
6月末時点で2頭というのはかなり少ないですが、
今年は何らかの理由で出産時期が大幅にずれ込んでいるだけかもしれないので、
今後も慎重に観察を続けて行きたいと思います。
06/27 11:59 | 写真
template design by takamu
Copyright © 2006 Aduncus All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。