スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
冬の御蔵島 -係船作業編-
IMG_7228_20110207121229.jpg
汽笛が鳴る。

IMG_7233.jpg
投げる。

IMG_7240.jpg
走る。

IMG_7247.jpg
積み込む。

IMG_7249.jpg
見送る。


02/07 12:18 | 写真
冬の御蔵島 -岩海苔編-
今年初の更新!2月になっちゃった(汗


IMG_5725.jpg
この冬は本当に時化続きでした。
客船も貨物船も着けられない日が続き、生鮮食料品はもちろんプロパンガスやガソリンまで
足りなくなってくる始末。ぎりぎりのところでなんとかなったんですが、本当に大変でした・・


しかし、時化が続いたおかげで、すばらしい海の幸が!


IMG_7205.jpg
それがこの岩海苔。桟橋のコンクリートが見えないくらい、ふさふさに生えました。

IMG_7179.jpg
このように、波やうねりが常に桟橋を洗い続けることにより、岩海苔が大量発生。
島の人も、桟橋上にこんなに生えるのは滅多にない、と言っていました。

IMG_7155.jpg
桟橋上、見渡す限り岩海苔。

IMG_7195.jpg
桟橋を歩く時は、スパイク付きの長靴が必須です。

P1010348.jpg
そしてこの海苔をご飯と一緒に炊けば、「岩海苔ご飯」のできあがり♪
時化が続くのも、そんなに悪くないかも?

02/06 12:03 | 写真
いるかいないか完成
着くと思っていた今朝の客船もあっけなく欠航し、しばらく船は着きそうにない予報。
今年も、クリスマスが終わってからクリスマスケーキが届くことになりそうな予感。
凪過ぎなくらい凪いでいた今年の夏が遥か昔のことのようです・・・


今日は宣伝です。

ほぼ3年がかりで観光協会が作っていた御蔵島イルカ個体識別帳「いるかいないか」がついに完成。
販売開始となりました。いやー長かった。DVD付きで1冊1575円(税込)です。
的には島内での販売となりますが、すぐ欲しいという方は送料を負担していただければ
観光協会が発送してくれるそうです。くわしくはこちら


IMG_5704.jpg
こちらが表紙。全体のデザインはふくまる商店さんがやってくださいました。
かわいらしくてわかりやすいイラストがたくさん。

IMG_5705.jpg
こののメインはイルカの個体識別で、イルカの両体側のイラストと写真が載せてあり
それぞれのイルカの体の特徴、名前、識別番号、性別、エピソードなどが紹介されいます。

「個体識別」と聞くと難しそうだし、イルカなんて全部一緒に見える・・という方が大半だと思いますが、
このを見ていただければ、イルカたちは1頭1頭結構違いがあるということをわかっていただけると思います。
「いるかいないか」では比較的見分けやすい54頭をピックアップし掲載しました。

過去に御蔵島で撮ったイルカの写真を見返してみて、もし目立つ特徴があるイルカがいたら、
是非このを開いてみてください。あの時出会ったイルカが誰なのか?わかるかもしれません。

IMG_5706.jpg
個体識別以外にも、これまで御蔵島のイルカを対象に行われた研究や、
過去に御蔵島周辺で観察された鯨類の写真など、内容盛りだくさんです。

ちなみに、使われてる写真はほとんど私が撮らせていただいたものです。
商業出版のではないとはいえ、やっぱり嬉しいものですね。
昨年撮影したザトウクジラ、オキゴンドウ、今年2月のシャチも、写真は小さいですが載っています。

IMG_5707.jpg
そしてこちらがおまけのDVD。
おまけって書きましたが、個人的にはこのDVD用の映像選別と編集が一番キツかった(笑
前半は本に掲載されている54頭のそれぞれの映像、後半はいろんな行動や珍しい映像等、特選映像集になってます。
ナレーション等は無く、このDVD用に作っていただいたオリジナルBGMが入っているので、
なんとなーくぼーっと眺めるのもOKです。御蔵沖で撮影されたザトウクジラの水中映像もちらっと入っています。

興味のある方は是非♪



そういえば、いるかいないか用の撮影は真冬にやったんだっけ。寒かったなぁ。
でも、冬は真昼でも太陽光が低い角度から入ってくるので、夏とはまた違った雰囲気があり、
とても楽しかったのを覚えています。
下の写真は今年の12月に行った糞採取調査中に撮影したもの。真夏との雰囲気の違い、伝わりますか?
IMG_5596.jpg
12/22 19:53 | 写真
桟橋BLUE
おとといから昨日にかけて、やっと御蔵のらしい時化となり船は全便欠航でした。

IMG_5671.jpg
昨日の桟橋。天気はいいですが、風速は25m/sを超えていました。

IMG_5679.jpg
時折凄まじい波が桟橋を覆い、灯台が見えなくなることも。

IMG_5648.jpg
強い風が大量の波しぶきを巻き上げるたびに、綺麗なができていました。


IMG_5687.jpg
そして今日、一気に海は穏やかになり、船は全便就航しました。

IMG_5698.jpg
吸い込まれそうな青い空の下、入港するさるびあ丸

IMG_5709.jpg
あの荒れた海を知っているからこそ、凪の日の幸せ、船が来るありがたさがよくわかる。

今日と明日は、この時期には貴重な凪の晴天。写真いっぱい撮っとこう。
12/05 21:10 | 写真
小笠原 -BONIN ISLAND-
御蔵島でのドルフィンスイムのシーズンも終わり、一気に冬の気配がしてきたところで
ちょっくら小笠原へ行ってきました。

1航海しか滞在できませんでしたが、マッコウクジラにザトウクジラ
ミナミハンドウイルカにハシナガイルカ
御蔵にもいるはずなんだけど一度も見たこと無かったユウゼンなど、
見たいと思っていたものはとりあえず全部見ることができました。さすが小笠原

なかでもザトウクジラはさすがにまだ小笠原まで来ていないだろうと思っていたので、
本当にびっくりしました。例年のザトウの初観察は12月上旬くらいだそうなので、
今年は若干早めだったようです。

それでは、今回撮影した写真たちです。

IMG_1664.jpg
浮上したマッコウクジラ。奥に見えているのは父島。

IMG_1775.jpg
大小2頭のマッコウ。同時に尾びれを上げて、潜っていきました。

IMG_1834.jpg
船のすぐ前で呼吸を繰り返す若いマッコウクジラ

IMG_1847.jpg
マッコウクジラのフルークアップ。食べ物を探しに、水深1000mを目指すのでしょう。

IMG_5404.jpg
兄島海中公園にて。昼食後のひと泳ぎ。

IMG_5414.jpg
船の周りにはたくさんのロクセンスズメダイたち。

IMG_53822.jpg
一度は見てみたいと思っていたユウゼン。こんな浅瀬にもいるものなんですね。

IMG_5461.jpg
南島にて。

IMG_5427.jpg
休息中のミナミハンドウイルカ
水深12mまで潜っても海底が写らない写真は御蔵島じゃなかなか撮れません。

IMG_1894.jpg
港へ向かう途中に見つけた、入り江で休んでいたハシナガイルカの群れ。

IMG_1856.jpg
船が近づくと、楽しそうに船首波に乗りはじめました。

IMG_1524.jpg
ザトウクジラの力強いブロー。すぐそばに小さなブローも見え、親子であることがわかりました。

IMG_1539.jpg
仔クジラの小さな尾びれ。数千キロの長旅、おつかれさまでした。

IMG_1596.jpg
しばらくすると、夕日の方へ泳ぎ去って行きました。


1航海の滞在じゃ短すぎると思っていたけど、これだけ楽しめたら大満足です。
次はいつ行けるかなー。
11/25 20:52 | 写真
template design by takamu
Copyright © 2006 Aduncus All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。